脳梗塞には特徴的な症状がある|脳外科に行こう

女の人

住み慣れた我が家での治療

困る女の人

大学病院など医療関係の施設が多い世田谷区は、在宅医療がし易い地域と言えるでしょう。在宅医療は自宅でストレス無く治療を行うことが出来るので、患者がのびのびと生活することが可能です。

もっと詳しく

受診の利用

悩む人

平野区の病院では、総合病院や個人が経営をしている病院があります。それぞれのメリットがあります。なので、何かしら症状があれば、一度クリニックに受診をしてみましょう。そして、その際には必ず健康保険証の原本の提示が必要です。

もっと詳しく

代表的な症状や治療法など

子供

鼠径ヘルニアとは、腸の一部が本来の位置から飛び出してしまう症状を指します。痛みはほとんど伴わないですが、かんとん状態になると危険性が増すので、鼠径ヘルニアが疑われる場合には速やかに医療機関へ相談するようにしましょう。手術は日帰りで行われることが多いですが、しばらくは安静にしておくことが大切です。

もっと詳しく

予防したい病気

手

早期発見が重要

脳梗塞の初期症状とはどんなものでしょうか。後遺症を少しでも残さないようにするためには、一刻も早い発見と治療が必要です。近年では生活習慣病の増加によって、以前よりも脳梗塞になる人が増えてきています。脳梗塞は脳卒中の中の一つで、脳の血管が狭くなったり詰まったりして起きる病気です。脳梗塞の種類には、ラクナ梗塞という細い血管が詰まって起きるものと、太い血管が詰まって起こるアテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症があります。症状は、梗塞が起こった場所と範囲で変わります。症状として、ろれつがまわらなくなったり、片側の手足のしびれや脱力、めまいや物が二重に見えるなどがあります。物が二重に見える症状は、クモ膜下出血にもみられることなので、脳外科での診察が重要です。

治療や再発防止

脳梗塞は後遺症が残るとても怖い重い病気です。また、脳梗塞には、無症候性脳梗塞というものも存在します。この場合、たまたまMRIの検査をしたときに小さな病変が見つかって、「隠れ脳梗塞がありました」と言われることが多いです。気がついていないだったということが分かると、人間は不安になって自分の身体が心配になります。この場合には、血糖値や血圧をコントロールして生活習慣をきちんとすることが再発予防として大切になります。脳梗塞は再発しやすい病気の一つです。食事を改善して、水分補給をしっかりして、生活習慣を見直して健康を考えるようにするのが大切です。また薬物療法として、血液をサラサラにする薬を服用することもあります。