住み慣れた我が家での治療|脳梗塞には特徴的な症状がある|脳外科に行こう

脳梗塞には特徴的な症状がある|脳外科に行こう

ドクター

住み慣れた我が家での治療

困る女の人

周りの目が気にならない

身体のコンディションに不安がある時には病院に入院しながら治療を受けるのが一般的です。病院に入院をすると、不測の事態が起こったとしてもすぐそばにお医者さんや看護師さんがいますから安心です。また、治療に関することはすべて病院の方に任せられるので家族にかかる負担も小さくなります。また、逆に在宅医療を通して治療を受けるという形もあり、最近では患者さんの意向をくんで在宅医療を選択する人が増えています。この在宅医療におけるメリットは住み慣れた生活環境のなかで治療を進められる点です。病院に入院をするとたとえ個室にしたとしても他人と生活することになりますし、当然ながらできることには制限が出てきます。しかし、在宅医療であれば周りの目をまったく気にする必要がないわけですから伸び伸びと生活できますし、何よりもそれのおかげで精神的なプレッシャーが大幅に緩和できます。さらに、短期的にはそこまで差が出ないですが、入院する期間が長くなる場合には在宅医療の方が安くなる点も見逃せないポイントです。

快適な治療が受けられる

在宅医療を受けられる病院そのものは世田谷区のなかにたくさん存在します。ただ、病院ごとに在宅医療に対するコンセプトは変わりますし、場合によっては命に関わることですからよく考えた上で世田谷区のどこの病院にするのかを判断するべきです。ひとつの指針となるのがサポート体制がしっかりとしているかどうかです。たとえば、営業している時間のなかで在宅医療を行っている病院もあれば、365日・24時間いつでも対応してくれる病院もあります。前者の方が費用の面ではお得ですが、安心・安全に暮らしたい場合には後者の方が適しています。ちなみに、病院の規模が大きくなるほどサポートに対する柔軟性は高くなる傾向にあり、世田谷区内には大学病院などがたくさん点在していますからこの点はばっちりです。また、どんな治療が受けられるのかも病院によって変わります。簡単な診察のことを在宅医療として行っているところや、医療器具を用いて入院するのとほとんど変わらないような在宅医療が可能なところもあり、その辺りは個々人がどうしたいかによります。ただ、世田谷区内だとさまざまな選択肢がありますから自分が希望する治療は受けやすい地域です。